求職者支援 体験
ハローワーク説明会

最新のブログ記事

この講座のポイント

求職者支援訓練

クロスデザインの本気力

デザイナーの採用って、何が重要視されるの?

当校の母体となるクイック福岡では、日々デザイン業務を行っています。その上で人材採用にも力を入れているのですが、 私たちが人材採用を行う場合に最も重用視するのは、実は”作品集”なのです。作品集はその人がどんなセンスを持ち、技量があり、感性があり、、とほぼ必要となるスキルを見極める最大の情報源なのです。

ずいぶん前は、作品集よりもその人の”経歴”や”資格”などを判断材料としていましたが、いざ雇ってみると、デザインはできない、センスがない、、といった痛い経験があります。どんなに資格を持って、知識があって、物知りでも実務ができなければ仕事にはならないのです。

作品集は、あなたのすべてを代弁してくれます。クオリティの高い作品集があれば、もう自分が「こんなことできるんです」とか「まかせてください」など必死になってアピールする必要はありません。就職活動の際は、自信を持って「これでどうだ!」と作品集を提示しましょう。クロスデザインの講座を受講すれば、知らないうちにハイクオリティの作品集を手にすることができます。

WEBを学ぶのに、デザインは必要??

「WEBデザイナーになりたい」、「ホームページの作り方を学びたい」とWEBに関心のある方も増えています。 もちろん、WEBのデザインをやるなら、WEB講座を受講すればいいと単純に考えればよさそうですが、 そこに落とし穴があります。

WEBサイトは、そのほとんどがコーディングと呼ばれる文字入力(プログラミングのようなもの)で作成するものであるため、 その特殊なコードを覚えたり、組み合わせ方を学ぶものです。授業ではそれが中心となり、どちらかといえば設計図を打ち込んで 情報を並べていくようなものになります。

そのため、WEBサイトの構築、つまりホームページは作れるようになるのですが、講座を終えてみたところ作品はいま一つとか、デザイン性がない、など 肝心のデザインについては、結局よくわからなかったという声も少なくありません。 クロスデザインでは他にも有料スクールを行っていますがそこには、「○○○スクール」でWEBを学んだのですが、デザインがわからないのでこちらに来ました」とか、「WEBの、”デザイン”について学びたいのですが」と意外と多いのです!!

つまり、単にWEBの作り方だけを習得しても見栄えの良い、機能的なホームページを作るのは難しいということです。就職活動に持っていく為の 見栄えの良いホームページを作りたいのなら、間違いなくDTP(デザイン)の勉強をしておくべきです。

クロスデザインスクールの求職者支援訓練なら、デザインのスキルをしっかりと吸収しつつ、 それをWEBサイトの構築に活かせるので、相乗効果でグーンとスキルアップすることができます。 かゆいところに手が届く、ベストなカリキュラムをご用意しています。 将来就職するための実践技術をここで身につけましょう。

品質は高く。でもスタートは全くのゼロから。

専門的になればなるほど、なんだか難しく思えてしまうもの。でも、考えてみてください。 どんなことでも始まりはあり、その域に達するまでの道のりも、本当に簡単なところからはじまります。 それこそ、クリックの仕方〜フォルダの作り方、文字の打ち方、、。 それらを積み重ねていく事で、最終的には人の心に伝わる、素晴らしいデザインが生まれるのです。

私たち講師陣はこれまでにもたくさんの講座を開講し、いろんな方々を世に送り出して来ました。 そこには様々なノウハウや実績があります。「未経験からでもデザインができるようになれる」 という独特の仕組みもあります。本気で就職を目指すなら、チャレンジする気持ちひとつで十分。 是非、私たちを信じてついてきてください。一緒に喜びを感じましょう。

独学で学ぶには限界がある。やっぱり基本は重要。

広告デザインやWEBデザインを独学で学ぶ方々は多くいます。 でも、いざ就職を考えた時にそれが通用するかと言えば、正直厳しいと言えます。 頭で想像するのと、実際とは大きな違いがあるのです。 自分の世界だけで物事をみていると、凝り固まった自分の考えに偏ってしまうことになりかねません。 本当に興味がある世界なら、できるだけ早い段階で準備をし、いち早くスキルアップにつとめる事が先決です。 とはいえ、当然基本はしっかりと押さえていないと本末転倒となるので、そこはしっかりと時間をとりましょう。 初歩はわかっている気になっていても、実際に学んでみると、以外と分かっていなかったとおっしゃる声も良く耳にします。 この訓練を通じて、そういった知識の溝を埋めていきましょう。

ただ学ぶのではなく「実践」に使えるノウハウを。

パソコンソフトのツールの使用法を学んで、その後は何かの見本を見ながらデザイン。 本当にそれで身に付くの?そんな疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 その通りです。ただ使い方を知り、目の前にある作品を完成させるだけなら、 きっと練習すれば誰でもできるようになるでしょう。でも、企業に求められるのはもっと先にある、 企画力・発想力・アイデア・クオリティ・スピード、そういったクリエイティブな領域です。 ソフトが使えるかはではなく、その先が求められているという現状をしっかりと認識する必要があるでしょう。

こんな方々へお勧めします。
チラシやパンフレットの制作、雑誌の編集に興味がある。

とにかく、雑誌やポスターの企画、デザイン、編集に携わりたい。 世の中の広告物を自分の手で作成したい。そんな思いを現実にしましょう。 世の中に流通する様々な広告物のほとんどはパソコンを使用してデザインを行う、 DTP(デスクトップパブリッシング)で作成されています。 これから広告・出版業界の分野へ飛び込もうとしている方が必要とするDTPソフト (イラストレーター、フォトショップ)の操作〜課題作成、専門知識が最新Macを使って学べます。

WEBデザイナーになりたい!

いまや広告の分野でWEBの技術は切っても切り離せない存在。 広告業界での求人案件を見ると、WEBの求人が増加傾向にあります。 この講座ではそういった傾向を踏まえ、WEBの最新技術であるHTML5CSS3を駆使した見栄えの良いサイト制作を行うと同時に スマホやタブレットにも対応できるWEBの仕組みである「レスポンシブデザイン」を授業の中に取り入れています。 1つのホームページが見る端末によって、形を変えて表示される、そんなWEBページを自分で作れるようになるのです。 今からわくわくしてきますね。これから就職活動を行おうとしている方の強い武器となるでしょう。